ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ライフ】挑戦しない言い訳をするな/「正当化」の思考に終止符を

こんにちはともきちです。 よく 「人生で無駄な時間はない」「あの辛い体験があったからこそ今がある、だからあれは必要だったのだ」 そんなことよく言いますよね。 それは嘘です。 ま、捉え方は自由やないか、 …

ジャンプ力アップのバッシュ選び〈其の一〉

こんにちはともきちでーす。 今日はダンクに最適なシューズ選びについて書いていきたいと思います。ダンクをする際に当然ですけどなるべく高くジャンプした方がいいですよね。で、高くジャンプするためには結構シュ …

ジャンプ力を上げる一番の方法《プロダンカーのモチベーション論》

こんにちはともきちです。 あなたはダンクするのに一番効果的なワークアウトはなんだと思いますか? ジャンプ力アップのために、もし、一つだけナンバーワンのワークアウトを選べと言われたら何を答えますか? デ …

ニューヨークではインドアでバスケし放題[4つのオプション]

ニューヨークにバスケしに行きたい。けど、インドアでバスケってできるのかなあ? 大丈夫! ニューヨークでは日本と違って朝から晩まで体育館でバスケしたかったらいっぱいありますよ。 僕も最初は外バスケばっか …

両足ジャンプ《後編》「両足で跳ぶ」はあり得ない⁉︎/ブロックフット論

妻「で、今日は昨日予告した両足ジャンパーは存在しないという、まさかの前提を根底から覆す説について話していただけるんでしょうか」

夫「そりゃ二つやり方があってどっちがコンフォタブルに(快適に)跳べるかという違いはあるよ。好みの問題。それか、どっちかのほうが高く跳べる、とか。それは否定しない。でも跳ぶ時の原理は違わないって言いたいねん」

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい