ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Balling Dunk Training

「三カ月で上達!」のワナ〈良質なジャンププログラムの選び方〉

投稿日:2019年10月15日 更新日:

今日はジャンプ力を上げるトレーニングプログラムについてです。ジャンププログラムは今いっぱいあると思うんですけど、もしかしたら日本ではたくさん無いか、少なくともここアメリカでは「どれをやろうか」と迷うくらいあります。

僕も何個かやったりして、レビューはおいおいしていきたいと考えているんですが、

初回はジャンププログラムを選ぶ際に気をつけたい点について書いていきます。良いジャンププログラムはどういう特徴があるのか、悪いプログラムを選ばないようにするにはどうすればいいのか、という点です。

賢い消費者になろう

「三カ月で上達」のワナ

良いジャンププログラムから紹介しましょうか。僕の個人的な経験なんですけど良いプログラムは「三カ月でダンク!」だとか「短期間でジャンプ力20cmアップ保証付き!」だとかいううたい文句がついていないことが多かったです。

短い期間で劇的な効果を得られる、という。。。

確かに僕もそういうキャッチーなセールスは必要だとは思うんですよ。

でもちょっと賢い消費者になった今は、そういうことやたら書いているプログラムはどうかなーと感じてしまいます。

私はある有名なプログラムで実際に三カ月で約15〜20cmジャンプ力を上げた…が

実際僕が中学校の時に、人生で初めてやったジャンププログラムは、皆さまご存知かもしれないですけど、「ジャンプアタック」というマイケル・ジョーダン等の一流の選手らのトレーナーをつとめたティム・グローバーが作ったプログラムでした。

ウェイトトレーニングなしのバージョンで12週間やって

当時のジャンプ力55〜60cm

から

80cmくらいにまでアップしました。中3でリング届くようになったので、それくらいだったと思います。

これだけ聞いたら確かに三カ月で20cm上がってるやん、すげー、と思うかもしれませんが(実際僕もそう思ってましたが)

これ、長い人生におけるいつの三カ月なのかというのも、加味しなければいけないと思うんです。

僕の場合は中学生。成長期でした。

僕が「ジャンプアタック」を知らずに大人になって、31歳の今そのプログラムをやったとて、20cm以上ジャンプ力が伸びるか、と言われればまた結果は違ってくると思うんですね。

年齢もありますが、今すでに約95cmくらいになっているジャンプ力を、さらにジャンプアタックで三カ月で20cm伸ばせるかと言われると。。。

想像していただけるとは思うんですけど、上達すればするほど伸び率は顕著じゃなくなってくるんです。

もちろん「ジャンプアタック」は素晴らしいプログラムであることには変わらないのですが、どうぞ鵜呑みにしないことを改めて言っているわけです。

ま、当時のマイケル・ジョーダンも98cmくらい跳んでてそのトレーニング後に122cmくらいになったそうなんで、確かにあり得るかもしれないですよ。

でも個人差があるにもかかわらずそう言い切る時、それはマーケティングであると、ある程度は割り切ったほうがいいです。

実際に購入したプログラム

それ以外にも30歳くらいの時に「ジャンプマニュアル」というのも僕やりましたし、「ヴァートショック」っていうのもやったんですけど、基本的にはそのどれもが

三カ月で最低何センチは保証!

と、書いてましたけど、そのうたい文句通りにはジャンプ力は伸びませんでした。伸びはしましたが、三カ月で20cmだとかその通りには伸びてません。

インターネット検索上位に来ない

だったらどう選べばいいのか、という話ですが、英語でジャンププログラムを検索すると上記の二つ「ジャンプマニュアル」と「ヴァートショック」は一瞬で出てきます

そしてグーグルで上位に載っていたりだとか、大勢の人のブログで勧められていたりだとか、たしかに有名である程度効果があるからそうなっているというのもありますが

これもマーケティングで動いているのもあるのです。

結論を言ってしまえば、マーケティングをあまりしていないがゆえに知られていないが、上質なプログラムもあるわけです。

で、僕が今やってるのは

「ジャンプサイエンス」

というプログラムなんですけど、今のところこれまでやったものよりは良かったかなと感じています。そう、これですね、top jump program で英語で検索してもさっぱり出てこない!

二ページ目も三ページ目も全然出てこないっ!

ということで、まとめです。

まとめ:マーケティングに惑わされず見極める

結局何が言いたいかというと、ダンクをするためのプログラムを選ぶ際に、どうしても有名どころばかりになりがちなのですが、そのプログラムが有名かどうかは質の良し悪しというよりも、マーケティングしているかどうかがすごく関係しているわけです。

なので広い視野で、ジャンププログラムと検索して出てくる有名なものが良くて、あまり知られていないのが良くないとは思わないでいただきたいのです!

というわけでまとめは…

前述した「ジャンプサイエンス」、検索で(jump science と検索しない限り)ホンマにでてこないけどすごくいいですよ。

安いし無料でめっちゃジャンプ力アップのための情報提供してくれますよ。で、どうやって私がこのプログラムなど、検索しても出てこなかった情報をゲットしたのかはまた次回。

-Balling, Dunk Training
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

まだ意味ないストレッチしてるの?《害!やるべきでない3つの理由》

※ストレッチに関する最新情報はこちらから↓ 【ダンクトレーニング】ストレッチ結局無効果論(5つの理由を論破) 【ストレッチ】AIS (Active Isolated Stretching)   こんに …

ニューヨークではインドアでバスケし放題[4つのオプション]

ニューヨークにバスケしに行きたい。けど、インドアでバスケってできるのかなあ? 大丈夫! ニューヨークでは日本と違って朝から晩まで体育館でバスケしたかったらいっぱいありますよ。 僕も最初は外バスケばっか …

【トレーニング:前編】速筋と準速筋《筋トレは準速筋をきたえる》

こんにちは、ともきちです。 突然ですが 速筋には 準速筋と速筋の二種類あることご存知ですか? 今回は僕が現在進行形で行なっているジャンププログラムの「ジャンプサイエンス」で勉強したことを対話形式で発表 …

《バスケ》信じられない!個性派!ニューヨークボーラー7選【前編】

こんにちは、ともきちです。 今回は日本人の感覚からすると信じられない(?)ニューヨークのストリートボーラーの実態を暴きます。で、今日は前編です。 簡単に言うと彼らは負けず嫌いでほんまにガチです。良くも …

初心者向けのダンクは何か考える〈アリウープ〉

質問です。 あなたは片手でボールがつかめますか? YESの方、何も言うことはありません。ジャンプ力あげてソッコーでダンクしてください。 NOの方、やっぱりこちらが大半だと思うので言います。バスケに詳し …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい