ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Dunk Training

【ジャンプ力】ゆるトレは筋トレの代わりになるか〈筋トレ不要論の是非〉

投稿日:2019年10月19日 更新日:

筋トレは是か非か!? スポーツしていると必ずぶちあたると言っていい問いです。

実は僕もジャンプ力を上げるにあたっていろいろ試してみました。本当、この10年くらい試してきたと言っていいです。

というわけで、「筋トレはジャンプ力を上げるにあたって効果的なのか」という質問に僕の実体験を交えて答えていきたいと思います。

ゆるトレは筋トレの代わりになるか

最終的に行き着いた結論。それは必要。

最初に結論言ってしまいましょう。これね。いろいろやってきたんでちょっと悔しいですけどね。認めます。ウェイトトレーニングはジャンプ力アップに有効でした。

しかし話はそう単純ではないのです。

確かにやめた方がいい場合もあるのです。

それを説明するためにまず僕の実体験から。

実は筋トレやめてました

僕は筋トレの有効性がわかるまでに時間がかかった。これが大きな落とし穴なんです。

筋トレやめても、筋肉を全く使わないわけじゃないですから、すぐには筋肉は落ちません。

で、やめてから筋トレ以外のトレーニングをしていたとします。

結果が出る。あ、やっぱり筋トレは悪だったんだ、と判断してしまう。その時やっているトレーニングのおかげでジャンプ力がアップしたのだと思い込む。

それがたまたま「ゆるトレ」だったわけです。それだけで効果があると思った。

でもそれって今までの貯金(筋肉)で跳んでるんです。

しかしながら徐々に徐々に以前筋トレでつけた貯金はなくなってくる。

そこで頭打ちになって、

アレッ!?

となる。

簡単に言うと僕がこの10年くらいやってきた軌跡はこんな感じです。雑ですが。

ということで反論に答える

①イチロー氏のインタビュー

筋トレをやめようと思ったきっかけは人それぞれだとは思うのですが、このイチローのインタビューがおそらく関係していると思います。

まとめると「人間骨や腱は鍛えられない、なのでウェイトトレーニング等で人為的に筋肉を肥大させると全体としてアンバランスになりケガをしやすい」

ということでしたね、たしか。

「ライオンやトラは筋力トレーニングをしない」ともここでおっしゃっていたような。

「腹筋の割れてるライオンはいない説」

②腹筋の割れてる野生動物はいない説を斬る

これすっごくもっともらしいんで僕も納得しちゃいましたね。

でもある時そういう関係の動画で面白いコメントがあったので紹介します。

ライオンは確かに筋力トレーニングをしないが、ライオンの死因の一位は餓死である。

結局、満足なパフォーマンスではないと。

ライオンが筋トレをしたらどうなるのかって、それは未知数です。餓死せずにそれこそ草食動物絶滅してしまうかもしれない。

あらヤバイわヤバイわ

③筋肉トレーニングは日常的な動きでない、だから不自然に筋肉がつく説

説三番目です。例えばスクワットとかデッドリフトとかは、日常生活でする動きではない、だから不自然に筋肉がつくと言いたいのでしょう。

でも、普段の動きでも身体の使い方を間違うと、身体は故障します。例えば重いものを持ち上げるときに腰を曲げると腰を痛めます。

と、考えたら、身体の使い方を間違えなければどんな動きをしても身体全体を使うじゃないですか。

僕はしばらくの筋トレブランクを挟んでデッドリフトした時、腰を痛めました。フォームが正しくなかったんです。そういう時は重い重りを上げることができないんです。

なにを思ったのか僕はデッドリフトは腹筋を鍛えるものだと思ってたんです。だから身体の前で持ち上げようとしていた。

実際はデッドリフトはハムストリングスとお尻を鍛えます。

こうなると二倍くらい重いおもりでも対応できました。

はじめは何年やってなくて、というのもありますが

45パウンド+45パウンド(+バーの重り45パウンド)→腹筋で

(45パウンドは20kgくらい)

それが

ハムストリングとお尻でやることで合計で100パウンドくらい増えたんです。

正しいフォームでやること「が」難しい

そう、これこそが難しい。デッドリフトもスクワットも、プロの選手でも「正しいフォーム」でやるのが難しいんです。ちょっとでも間違うと怪我をする。そういうリスクと対価があっていないと考えてやめてしまう選手もいるとききます。

僕もデッドリフトは止めよう止めようと思っていました。何度も腰を痛めたし(間違ったフォーム)、本当に微妙なことなんです。ものすごく繊細な違いで。これで正しいフォームがわからなかったら止めようと何度も思いました。

ただ僕の場合は、ある時

あ!こういうことかと分かって

間違った動きでは100パウンドもデッドリフトできなかったのが、最終的に二倍以上の225パウンドも持ち上げることができました。しかも全く腰を痛めずに。

まとめ

中途半端に筋トレやるくらいならやめた方がいい

まとめです。上に書いた通り! ウェイトトレーニングは正しいフォームでするのが、することこそが、難しいわけで、それができないとなると、確かにやめた方がいいのです。正しいフォームでなければ痛めます、身体を。

それはそれで真理なわけで。

筋トレは正しいフォームでした時、初めてその効果が得られるのですから。

今思えば高校時代は私はわかっていなかった。若さゆえに痛めなかっただけで……だから気づかなかった。効果が得られてないのに、無理がきくぶん、気づかなかった……。嗚呼_:(´ཀ`」 ∠):

「天才」は作れる

反論として、レブロン・ジェームズ等は筋トレせずに跳べているじゃないかというかもしれませんが、彼らは先天的に筋肉があるのです。先天的に身体の使い方を知っている。

しかし先天的に知らなくても、難しいかもしれませんが正しいフォームで筋トレをし筋肉をつけ、正しい身体の使い方をマスターするのは不可能ではない。

諦めるのも道だし、その正しい身体の使い方を追求するのも道

僕は諦めない方を選びました。なぜなら「天才」は作れるのですから

-Dunk Training

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「三カ月で上達!」のワナ〈良質なジャンププログラムの選び方〉

今日はジャンプ力を上げるトレーニングプログラムについてです。ジャンププログラムは今いっぱいあると思うんですけど、もしかしたら日本ではたくさん無いか、少なくともここアメリカでは「どれをやろうか」と迷うく …

ジャンプ力を上げる一番の方法《プロダンカーのモチベーション論》

こんにちはともきちです。 あなたはダンクするのに一番効果的なワークアウトはなんだと思いますか? ジャンプ力アップのために、もし、一つだけナンバーワンのワークアウトを選べと言われたら何を答えますか? デ …

【トレーニング:後編】ジャンプ力アップのための6つの要素

……でも少なくともこの場合(デスクワーカーに筋トレをさせてその直後は速筋が激減してその後増えた、という実験)はパフォーマンスは上がったんやろ? 少なくとも」
夫「いや、だから上がってへんねんて」
妻「えええええええええええええええ」(絶望)
夫「ジャンプ力を上げるためには6つ習得すべき要素があるから」

バスケの練習がつらい?「楽」を求めるほど上達につながるという証明

こんにちはーともきちです。 今日はバスケットボールの練習がつらい、 でもうまくなりたいから頑張ってやっている、 そんなあなたに向けた記事です。 No pain no gain ってよく言いますけど、 …

筋トレしてもジャンプ力が上がらない理由〈筋肉の退化もカギ〉

みなさん、ジャンプ力上げるためにワークアウトしてますよね。でもなかなか効果がでない。 むしろ下がる……!? そんな経験ありませんか? 私もありました。名前は伏せますが、あるジャンプ力アップのプログラム …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい