ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Dunk Training

【トレーニング:前編】速筋と準速筋《筋トレは準速筋をきたえる》

投稿日:2019年12月16日 更新日:

こんにちは、ともきちです。

突然ですが

速筋には

準速筋と速筋の二種類あることご存知ですか?

今回は僕が現在進行形で行なっているジャンププログラムの「ジャンプサイエンス」で勉強したことを対話形式で発表します。

人物紹介

夫(ともきち)…中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。ちなみにバスケのプレースタイルはドライブを得意とするスラッシャー。

妻(ライター)…運動経験皆無。

速筋と準速筋《筋繊維の話》

筋繊維の割合についての新事実

妻(ライター)「そろそろブログ書くの飽きてきました」

夫(ともきち)「え、飽きてきた? 自分書くの好きやから自分からやる言うたやん」

妻「そない毎日毎日筋肉が筋肉が言われても。わたし普通のインドアの女の子(注:31歳)なんです。知りません。ここまで筋肉なくてここまで筋肉について詳しくなった女はなかなか世界探してもいないと思います」

本の虫

夫「『筋肉なくて』とか言うけど速筋の割合は運動している人間の方が多いとは限らない。むしろ逆

妻「え」(うそやん)

夫「その話の前に速筋と遅筋の話をしよう」

妻「え!? ちょっと待ってその説明をまずしてほしい!」

遅筋と準速筋と速筋

夫「ここでの新事実は速筋には二種類あるということ。ま、速筋が二種類というか……

  • Type 1 (slow)……遅筋
  • Type 2A (semi-fast)……準速筋
  • Type 2B (fast)……速筋

まあ、こんな感じで三種類ということもできる」

妻「準速筋とかあるんや」

夫「ここで実験がある。 長距離走者(group of runners)と ウェイトリフター(strength athletes)とsedentary peopleの筋繊維の割合を調べた」

妻「……(セダンタリーって何)」

夫「結果、長距離ランナーは遅筋の割合が一番多く、ウェイトリフターは準速筋の割合が多く、セダンタリーピープルは速筋の割合が多かった」

妻「セダンタリーって何」

夫「何やと思う?」

妻「察するに、短距離系? スプリンターとか。ダンクする人とか」

夫「ま、単語知らんかったら勘違いしても無理はない。ところがどっこい。sedentary peopleは、『座りがちな人』つまりデスクワーカーと言う意味

妻「えええええ!」

夫「俺もそうやと思ってスルーしてて後で辞書引いてびっくりした。そう、つまりこの三つのグループでデスクワーカーが一番速筋の割合が多かった」

http://jump-science.com/taking-time-off/
の図を参考にして作成。

そして筋トレは準速筋を鍛える

その後の実験

夫「ここで、今まで俺は筋トレは遅筋を鍛えると思っていたけど、実際は、準速筋を鍛えるということを付け加えておきたい」

妻「は、はあ」

夫「まだ、実験は続く。今度はこのデスクワーカーの人たちに、筋肉トレーニングを一定期間してもらった。結果、さっきも言ったように筋トレは準速筋を鍛えるから、彼らの筋肉での準速筋の割合が増えた。

ここで、最初割合がいっぱいあった速筋はどうなったか? 英語のその原文ではシャットオフしたって書かれてた」

妻「ええ!?だめになったん」

夫「図で表してみるとこんな感じ」

妻「あ、最終的に戻ったんや」

夫「戻っただけじゃなくて速筋の量が増えた。ここで重要なのは、何もそれから運動をさせなかったってこと」

妻「なるほど」

夫「つまり以前のブログでも言った気がするけど、一旦ウェイトトレーニングをやめることによって準速筋ではなく一番のエリート速筋が増えて、パフォーマンスもあがる

休息の重要性

妻「なんででもアスリートやなくてデスクワーカーを対象にしたんやろ」(実験の話)

夫「筋トレをしていなかった人のほうが筋トレした時の効果が表れやすいんやろ」

妻「ま、それもあるけど、その『なにもしてはいけない』ってとこやないの?」

夫「?」

妻「悪いけど絶対アスリートの人やったら、『ハイ実験終わりましたー今から何日間何もしないでくださいねー運動は禁止ですよー』なんて言われて守るとは思われへん」

夫「……」

妻「絶対なんかやってるて。走り込み。知らんけど。『思い込んだら試練の道を』」

重いコンダラ

夫「自分古いな。まあ、走り込みって言ってたけど、たしかにバスケやる上で走り込みはあかんな。遅筋鍛えるから

妻「そうなん。ま、走り込みにかかわらず絶対なんか身体動かしてるって。アスリートは。で、そんなの実験終わったあとまで、被験者監視できませんからね。その点運動経験ない人対象やったら楽! やらせるだけやらせてあとほっとけるもん」

夫「そうか」

妻「休んでください運動しないでくださいなんて、ヤッターてな感じで。——反対にアスリートやったら何か(運動)したくなるって。悪いけどもう性格がそうなってんねんって。なんども言うけど『休息してください、ハイわかりました』で守らんって。アスリート気質の人はそこ見直したらいいと思います。意識的に休息とるぞっていう気持ちがないと、日常的に取ってません」

夫「パフォーマンスを上げるために、休むのもトレーニングのうちやもんな」

休みましょう

まとめ

妻「それにしても運動経験ない人が速筋あるとはね」

夫「ちゃんと使えるかどうかは知らんで。ま、使えんやろ」

妻「そりゃそうだ」

寝ていてパフォーマンスが上がるなんてそんな甘い話はない

妻「思えば、速筋が運動するしないにかかわらず必要やからかなあ。運動していなくて速筋がある理由。——例えば車にひかれそうになって、そんな時瞬発力のある速筋もなかったら……ああいうのって運動してるしてないに関わらずとっさによけるやん」

夫「なるほど」

妻「でも意外と面白かった。なんかデスクワーカーを対象っていうので、インドアの私からしても新鮮」

夫「それは良かった」

妻「今日この内容で書くわ」

夫「とにかく、①筋トレは遅筋でなくて準速筋を鍛える、そして②速筋をつけるためには休息が必要、この点さえおさえてくれたら大丈夫。またこの筋繊維の話はおいおいアップデートしていくから、乞うご期待」

こちらもあわせて↓

-Dunk Training

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【バスケ】【ジャンプ力】身体能力のピークは何歳か?

こんにちは、ともきちです。 今日のテーマは身体能力のピークは何歳くらいなのか?ということです。 一般的には 二十代前半とか、25歳くらいまでとか、 もっと言えば十代の後半とか いろいろ説があります。ま …

身長とジャンプ力その2【ダンク】(「壁」の破り方)

  夫(ともきち)「そう、今回喋ることは『身長とスポーツ』について。その2。前回のブログで、年齢のリミットを取り外そう的な終わり方やったと思うんやけど、結論から言えば俺は個人的には低身長ダンカーは特別 …

日本人がダンクできない理由——オーバーワークトレーニング

この情報は2019年10月9日のものです。こちらもご覧ください。 《新事実》人はオーバートレーニングにはならない![回復への4要素] こんにちはーともきちです。 本日は少し趣向を変えて、なぜ「日本人が …

バスケの練習がつらい?「楽」を求めるほど上達につながるという証明

こんにちはーともきちです。 今日はバスケットボールの練習がつらい、 でもうまくなりたいから頑張ってやっている、 そんなあなたに向けた記事です。 No pain no gain ってよく言いますけど、 …

垂直跳び助走なしで変わらない人のためのワークアウト3選

こんにちはともきちです。今回は 垂直跳びの記録が助走つけてもあんまり変わらない! という人のために、その対策方法を伝授したいと思います。 垂直跳び助走なしで変わらない人のためのワークアウト3選 以前の …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい