ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Life スポーツとモテ

【バスケ】【恋愛】妥協して本当にいいんですか/セルフイメージを高く

投稿日:2019年12月31日 更新日:

こんにちはーともきちです。

今日は

自分のセルフイメージを高く持とう、

という話です。

「自分の実力は……自分のキャリアが

これくらいだから、このレベルとバスケしてるのがいいんだ、これが自分に相応なんだ」

なんて、僕はそれでは得られるものは少ないと思います。

恋愛だって、

「自分はこのレベルの男だから、この程度の女性で手を打っておこう」

僕はそれでやってあまり良かった試しがない!!

まあ、聞いてください。まずはバスケの話から。

セルフイメージを高く持て

圧倒的に実力の高い人のほうが「いい人」多い傾向(個人的経験)

今日のテーマ

なぜならこれは完全に僕の体験談なのですが、

バスケ上手い人のほうが「いい人」多いです。

これは完全に。中途半端な人たちに限って、パスまわさなかったりおかしなファールしたりする。そしてそんな人たちには僕はあまり認められなかったですね。

逆に以前のブログで言っていたD1の親子や、アンソニーとの方が認められるし、お互いを高めあえるし、意義のある時間を過ごせます。

自分のチームに来ないかと誘われたり、「俺があと10年若かったらチームにお前を誘っている」と言われたり、

認められて自信も付きました。

キャリア≠セルフイメージ

実は、僕はほとんどバスケットボールのキャリアありません。

中学で入ったバスケ部廃部寸前で顧問の先生もままならない状態だったし、高校は僕ストリートです。大学でも僕の通っていた校舎(地方)ではバスケ部ない、みたいな感じで。

そんな僕なんで最初は前者だったんですよ。自分がこのレベルだからこの人たちとやろう、的な。でもやめました。ネガティブな思い出が多かったので。人間関係も含めて。

勇気を出してレベル高い人たちとやってよかった。

語弊がある言い方かもしれませんが、バスケ上手い人のほうが「いい人」多いですから。

やはりそれくらいバスケが上手くなるには、

毎日自分を律して練習を重ねるような人間でないと無理ですからね。それなりの「好人物」でないとそもそも上手くなりようがないんだと思います。

性格の良さを求めるならなおさら美女に行け!!

僕は恋愛でもそうだと思いますよ。ツイッターでも言いましたが。

例えばよく言われる

「大切なのは中身ですから私は性格よければ女性の顔は気にしません」

それは、僕の経験上、絶対、違う。

性格が良ければブスでもいいなんて。

美人のほうが性格がいいのは科学的に証明されているんです。

ルックスがいいと幼少期からいい扱いを受けますのでひねくれずにまっすぐに育ちますから。

だからあなたが真に性格の良さをパートナーに求めるならば、ここは超美人を狙うのが正解なんですよ。

これは炎上目的で言ってるんじゃなくてですね、

僕いつでもどこでも(それこそ日本にいた時から)言い続けてきたことなんですよ!それこそありとあらゆる同性の友人に。ルックスがいい女性と付き合ったほうが絶対楽しいですから!

美女狙ったほうが「ローリスクハイリターン」

そもそも

バスケで「なんでこんな下手くそな奴らからパス回ってこねえんだ!!」と思うのと同様にですよ、

「このレベルで満足しておこう」、

と妥協して声をかけた女性から振られたら

「ハアア!?」(怒)

てなりません? せっかく妥協したのになんで振られんねん、と。いやまあ、女性にも選ぶ権利ありますからそんなこっちの事情など「知らんがな」って感じなんでしょうよ。

でも自分の現状関係なく妥協せずレベルの高い

(ライター注:ここでのともきちのいう「レベルの高い」女性とは、純粋に顔の美しさとスタイルの良さを指す)

女性にアプローチして振られても

仕方ないと諦めがつくでしょう。で、運良く付き合えたらラッキーです。

つまり美人にアプローチした方が

ローリスクハイリターンなわけですよ。

「なりたい自分」をそのままの自分だと思い込む

もちろん皆が皆じゃないですよ。バスケでも女性でも。そこは常識的に判断してください。概ねそういう傾向があったってことです。

要は何事にも妥協しない、そのためには高いセルフイメージ持ちましょうということなんです。

そのためには今、自分の現状ではなく、

なりたい自分をそのままの自分だと思い込む

ことが大切になってきます。

「王様になりたかったら王様のふりをしろ」

僕 “Pretend to be a king until you become a king.”という言葉を聞いたことがあって

出典は忘れちゃったんですけど、「王様になりたいなら王になるそのときまで王様のふりをしろ」ってことなんです。

そういう高いセルフイメージをもつと、

レベルの高い人たちとやろう、美女に声をかけよう、

と行動が起こしやすくなるんですよ。

どんなレベルの人とやりたいか?

言うてこのブログを読んでくださっている方々で僕よりバスケキャリアない人もそうそういないと思います。

繰り返しますが、中学校3年間だけでしかもそれも廃部寸前顧問なしみたいなね。

こんな僕でもニューヨークでD1の人とバスケできているんだから。

人生どんなこともやろうと思えばできないことはないんですって。

まとめ

とりあえず自分の実力を過去のキャリアで判断するのをやめてみましょう。今、自分がどういう現状にいるか、ということで自分のレベルを設定するのをやめてみましょう。

一度そういうのは全部捨て去って、

どういう人たちとバスケしたいか、

どんな女性と付き合いたいか、

真にwant toを追求してみましょう。

どんなレベルで自分がやっていけるかなんて、ほんま死ぬ気でやってみないとわからないんですって。

自分のポテンシャルの上限を設定してはいけないんですよ。

結構ね、思っている以上にできるもんなんですよ。

人生において自分の可能性を狭めたら、ほんともったいないですよ。

根拠の無い自信をもって自分のセルフイメージを「勘違い」するくらいでちょうどいいんです。

これがともきちの今年の抱負ということで
あけましておめでとうございます。

-Life, スポーツとモテ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【モテ】女心は複雑ではない(筋肉が好き嫌い二極化の理由)

最近ともきち仕事が忙しいらしく、私(ゴーストライター)がネタを提供することが増えた。 大丈夫かいな、ともきちブログよ。 私はスポーツには無縁だが、一応スポーツマン好き女ということで、一応スポーツという …

【ライフ】挑戦しない言い訳をするな/「正当化」の思考に終止符を

こんにちはともきちです。 よく 「人生で無駄な時間はない」「あの辛い体験があったからこそ今がある、だからあれは必要だったのだ」 そんなことよく言いますよね。 それは嘘です。 ま、捉え方は自由やないか、 …

【挑戦せよ】日本は失敗を恐れる教育?/小さな「怪我」から学ぶ姿勢

妻(ライター)「あけましておめでとうございます。こんなんですが今年もよろしくお願いします」 夫(ともきち)「いやいや。2020年最初の記事やけど、ライフ系でいく? それともライフ系続くからやめる?」 …

【バスケ】【英語】【人生】「弟子入り」では真の強者にはなれない

こんにちは、ともきちです。 実はノンキャリアの僕ですが、日曜の朝から元D1の人とバスケやってたりしています。 今回はなぜ中学校くらいしかバスケットボール部に入ってないような(しかも弱小校で公式戦で勝っ …

NBAルーキー、コリン・セクストン《親に信じられてる子どもは強い》

こんにちは、ともきちです。 さっき僕、コリン・セクストンというNBA選手の話を読んだんで、その話とからめて 親に信じられている子どもは強い という説 について話をしていきたいと思います。 親に信じられ …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい