ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Dunk Kicks

【バッシュ】Jordan CP3.XIIパフォーマンスレビュー(クリスポール)

投稿日:2019年10月25日 更新日:

こんにちは! ともきちです。今日はバッシュのレビューをしていきたいと思います。

レビューするシューズはJordan CP3 XII(12)です。

これはダンクするのに(現時点で)ベストなシューズだと、以前にも紹介したのですが、

詳しくはこちら↓

ジャンプ力アップのバッシュ選び

今回はTRACTION、CUSHION、MATERIAL、FIT、SUPPORTの五つの項目に分けて詳しく見ていきます!

Jordan CP3.XII パフォーマンスレビュー

この靴、僕がどれだけ履いたかって、何十時間履きました。

僕もよくバッシュのレビューを(英語でも日本語でも)見るのですが、「10時間はいてレビューしました」—-うーんって感じですね。

ちょっと10時間未満はレビューするには短いかな、と感じます。もうちょっと履いてほしいかなあ。

いっぱい履いてね。

TRACTION

トラクション(滑りにくさ)はこれは素晴らしいです。5点満点中4.5。うーん、いや、5点あげちゃう!

TRACTION…5/5

このトラクションがどれだけ良いかというと、僕結構YMCAに登録しているんですけど(シティワイドといってニューヨーク中のYMCA行き放題プランです)

6つくらい体育館行きましたが全てにおいてグリップしてくれました。

なので大体どのコート行っても大丈夫なのではないかと。

靴によってはコートによって違うこと、多々あります。

コートの素材(ハードウッド(木製)なのか、名前知らないけど何やゴムみたいな素材なのか)

あとはホコリのたまり具合。そのコートがちゃんとメンテナンスされているかどうか。ま、ホコリに関しては日本にいる限りマシとは思いますが。アメリカいい加減なんで。

このトラクションはクリーンなコートでは言わずもがな、多少のホコリでも対応します。

見てもらったらわかりますように、この深い溝が機能してくれているんですね。

なので5点満点です。

CUSHION

CP3. XIIのクッションのセットアップですが、

足の前半分にはzoomクッション、

かかとにはファイロンという素材が使われています。

このクッションでどう感じたか、というと

柔らかくて心地よかったです。

ソフトなクッションというと、不安定で走りにくいのではと思われるかもしれませんが、そうではなく、

あんばいが丁度いいのです。

硬いクッションではありませんが、柔らかすぎて気になる、とうわけではありません。

zoomエアもwhy not(ウエストブルックのシグニチャーシューズ)ほど大きくなく、接地感があります。ちょっとバウンスします。

ジャンプの衝撃も吸収してくれるように思います。

なのでクッションの点数は4点です。

MATERIAL

このマテリアル大好きです。ニット!

見ていただいたらわかりますように、高級なニットが使われていますね。これはホントに良かった!

マテリアル5/5

これね、日本のレビューしてる人は評価が分かれているんですよ。ニットではサポートに問題があると。しかしながらアメリカではそんなことはあまり聞かない。

実は日本とアメリカでは微妙にサイジングが違っていて、

アメリカで発売されているものはグローバルサイズで(若干タイトです)

アジア向けのは足幅が広い人が多いというので、EPバージョンといって、若干広めになっているんです。

だから評価が微妙に違ってくる。そういうカラクリなんですね。比較対象が違う。

そもそもこのシューズ(グローバルサイズ)がタイトに作られているのは、マテリアルがニットで柔らかいから伸びやすい、そういう性質も考えられてのことなのに、アジア向けというので全て足幅広く作るのは、僕はあまり賛成しかねます。

最初はタイトですが足になじみますよ。

FIT

あっ! フィットで言うこともマテリアルで言ってしまいました。

なのでフィットも5点満点。

SUPPORT

サポートに関してはめちゃくちゃ良いわけでもないけど悪くもないですね。

先程も申し上げたように日本人はEPバージョンで履いているので

サポートが弱い

という意見もあります。

でも僕はアメリカで買ったのでそうは思わなかったですね。

しいて言うならば

結構はきこんだんで、少し伸びましたがよく耐えてくれてるなあと思いますね。

ニットアッパーの上にパテントレザーという人工のレザーが貼ってあって

こんなふうにサポートが強化されています。そして

この白い部分もポイント。

この白い部分が足の周りを囲っているので、

足をうまくホールドしてくれます。

この構造DAME2(アディダス)と似ていますよね。

アッパーマテリアルは柔らかいけど、その周りをかこう、という。

でもDAME2はジャカードだったので強度がCP3XIIよりはあるかな。

DAME2

話はそれますがレビューしてる人でCP3はサポートが弱いなぜならマテリアルがニットだから……と言っている人で、

このDAMEとか、

Jordan29とか、

それも弱いという評価になるはずなのに、その二つはOK……僕「アレ!?」って思うんです。一貫していない。

もしかしたらEPバージョンは幅広くするだけじゃなくて、もしかしてパテントレザーの貼る位置も変わっているのか??

何が言いたいのかというと、一概にマテリアルがニットだから、何だから、海外版も国内版も何もかもがサポート弱いというレビューワーはあまり鵜呑みにしないほうが良いかもしれません。

国内版の同じラインのミッドとローでもだいぶ変わりますよ!

例えばJordan31でミッドカットでは囲いが低いのかクッションが厚いのかあまり機能せず

ローカットでは囲いが高いのか、うまく機能しています、

こんな違いがあるわけですよ。

いわんやEPバージョンをや、です。

だいたいからしてね、マテリアルの強度だけでサポート完璧にしようなんてのがおかしい。

なので、まとめると、

パテントレザー

プラス

白い囲い

があるので、悪くはないです。問題はないでしょう。なので5点満点中4点、としておきましょう。あ、やめます、3.5にします。

まとめ:総合評価4/5

総合評価では5点満点中4点です。満点じゃない理由は、履いているうちに伸びてきた点、です。伸びてないうちなら4.5をあげたいくらい素晴らしいシューズだと思います。

どういう選手にオススメかというと、

やはりガードですね。

ビッグマンはサポートがちょっとサポートが足りないと思うかもしれません。

足幅広いと、マテリアル柔らかいのは助かりますね。耐久性とサポートを多少犠牲にはするんですが、それでもフィット感とコンフォートは僕にとって重要なので満足しています。

値段ですが、原価は100ドルでしたが、

セールで59ドルでゲットしました。

なかなかお買い得でしたよ!

-Dunk Kicks

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャンプ力アップのバッシュ選び〈其の二〉

さて前回に引き続きジャンプするのに最適なシューズ選びについて。前回は必要な三つの要素という理論編でしたが、今回は具体的な話です。 ▶︎▶︎前回ブログはこちら ジャンプ力アッ …

《比較》シューレビューする人をレビューする!(バッシュ選び方)

こんにちは!ともきちです。今日は海外(日本以外)でバッシュのレビューしている人をさらにレビューします。 僕はニューヨークに住みながらいろいろなシューレビューを見ながら どういうバッシュを買おうかなあ …

【バッシュ】Jordan Zero Gravityパフォーマンスレビュー

こんにちはともきちです。今日はジョーダンゼログラビティのレビューをしていきたいと思います。 これはジョーダンの比較的最近に発売されたチームモデルのバッシュです。 今回も Traction Cushio …

バッシュのクッション性は高いほうがいいのか?【zoomの入る場所】

こんにちはともきちです。 バッシュ選びって大変ですよね。 そもそも自分に合った靴を選ぶのも難しいのに、 バスケットボールをするとなると、もっと基準が難しくなりますよね。 合わない靴なら怪我するし、 ク …

ジャンプ力アップのバッシュ選び〈其の一〉

こんにちはともきちでーす。 今日はダンクに最適なシューズ選びについて書いていきたいと思います。ダンクをする際に当然ですけどなるべく高くジャンプした方がいいですよね。で、高くジャンプするためには結構シュ …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい