ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Dunk Kicks

【バッシュ】Jordan Zero Gravityパフォーマンスレビュー

投稿日:

こんにちはともきちです。今日はジョーダンゼログラビティのレビューをしていきたいと思います。

これはジョーダンの比較的最近に発売されたチームモデルのバッシュです。

今回も

Traction

Cushion

Material

Fit

Support

の5項目について書いていきます。

zero gravity

TRACTION

滑らない!

結論言います。滑らない! 形はヘリンボーンなんですけど、とにかく滑らない!!

滑らないだけではなく、めちゃくちゃキュッて止まるっ!

stop on a dime
(その場でビタアアアアと止まる)

ニューヨークのYMCAでいろんなところでやりましたけど、

滑ったことは一回もないです。

ワイプ(拭く)の必要もない!

なので

5点満点です

CUSHION

前がzoom、後ろがファイロン。

クッションですけど……ああ、ここが問題でしたね。

最初はマシだったんですけど、履いているうちに硬くなりました。死ぬほど履いたんですけどね。まあ壊れてないから死ぬほどではないか。

結構履いたんで。何十時間と。

クッションのセットアップは

前の部分にはzoom air

後ろはただのファイロンなんですけれども、

使い込んでいくと、後ろのファイロンが

「鈍器」と化します。

いや、鈍器ですよ。人殺せますよ。

このカカトが硬すぎて。とにかく硬い…硬くなった。履いているうちに。

前のzoomはちょっとだけバウンスしていたんですけど

使っているうちにほとんどなくなってきて

コートフィール(接地感)は非常にあります。そしてちょっとだけ

プニッと柔らかいのでちゃんと衝撃は吸収してくれます。

問題は後ろのファイロンなんですよね……。超硬い。

僕けっこう硬めのクッションが好きなんですけど、その僕でも硬いと思う、それくらい硬いです。

ま、ほとんどの選手は前だけ使ってるんでそれで不満はないんでしょうけど。

僕ヒールストライカーなんで(カカト使うんで)、これ履くと後で腰が痛くなることも多々あります。

(余談ですがかかとを使った方がいいのですよ。詳しくはこちら↓)

▶︎▶︎▶︎つま先は使うな、かかとを使え!

なのでクッションに関しては3点(5点満点中)

MATERIAL

真っ暗で見にくい…

次は素材ですね。

マテリアルはメッシュです。良くも悪くもない。

僕はマテリアルに関しては、プレーする分には相当硬すぎない限りはあまり気にしないほうなんですけどね。

メッシュなので、使っているうちに足になじむと思います。

良くも悪くもないので点数は3.5。

FIT

フィットは、ちょっと狭いかな…? でも僕ワイドフッター(足幅広い)なんで、実際皆さんが履いたとしてらそんなに狭くもないかもしれません。

最初の方はちょっとキツくて痛かったかな、という程度です。

ちなみにこれ、グローバルサイズです。(アメリカのサイズ)

アジア向けのEPバージョンではありません。参考までに。

足幅広い僕でもアメリカのグローバルサイズいけたんで、

少し幅広になっているEPバージョンだったら、まず問題ないとは思います。

ということで点数は4点

SUPPORT

サポートに関しては横の部分の関しては基本的問題はありませんでした。

でもこのカカトの部分が、左足だけヒールスリップします。まあこれも僕の足の構造上なぜかローカットのバッシュ履くと左足だけこうなる…という性質もあるのですが。

ひどいヒールスリップではありません。

ちょっとロックダウン弱いかな。

で、紐の通し方で個人的に僕が裏ワザと思っているやり方を試したんですね。

この靴のタグの所にもう一回ヒモを通します

そうしたらロックダウン上がりました。ヒモの結ぶ位置が上がるので、よってカカトをロックしてくれたのかと思います。

なので、その裏ワザ(と僕は思っている)をやったらサポートは4点。及第点ですね!

まとめ

てなわけで総合点は

4点かな。

4/5

かかとがもう少しソフトなクッションだったら…という願いを込めて4点になりました。

ま、買いたてはもう少しマシだったんですけど。

でもとにかくゼログラビティ(重力ゼロ)というだけあって軽いシューズでそこは気に入っています。ま、僕が31歳でトシやいうのもあるのか、繰り返しますが腰やられます。

でも履いちゃうんですよね。

トラクションが神!!

それだけでも価値はあります。

しかもチームシューズなんでお値段もリーズナブル。こっち(アメリカ)やったら今やセールで70ドルくらいになってるんで、アリかなあと感じます。

付け加えることにこのシューズ向いてるのは

ガード

ですね。とにかく速く動きたい人にオススメです。どんなところでも滑りたくない!という人向けです。

というわけで以上です! 読んでくださりありがとうございました。

-Dunk Kicks
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【バッシュ】Jordan CP3.XIIパフォーマンスレビュー(クリスポール)

こんにちは! ともきちです。今日はバッシュのレビューをしていきたいと思います。 レビューするシューズはJordan CP3 XII(12)です。 これはダンクするのに(現時点で)ベストなシューズだと、 …

《比較》シューレビューする人をレビューする!(バッシュ選び方)

こんにちは!ともきちです。今日は海外(日本以外)でバッシュのレビューしている人をさらにレビューします。 僕はニューヨークに住みながらいろいろなシューレビューを見ながら どういうバッシュを買おうかなあ …

バッシュのクッション性は高いほうがいいのか?【zoomの入る場所】

こんにちはともきちです。 バッシュ選びって大変ですよね。 そもそも自分に合った靴を選ぶのも難しいのに、 バスケットボールをするとなると、もっと基準が難しくなりますよね。 合わない靴なら怪我するし、 ク …

ジャンプ力アップのバッシュ選び〈其の一〉

こんにちはともきちでーす。 今日はダンクに最適なシューズ選びについて書いていきたいと思います。ダンクをする際に当然ですけどなるべく高くジャンプした方がいいですよね。で、高くジャンプするためには結構シュ …

ジャンプ力アップのバッシュ選び〈其の二〉

さて前回に引き続きジャンプするのに最適なシューズ選びについて。前回は必要な三つの要素という理論編でしたが、今回は具体的な話です。 ▶︎▶︎前回ブログはこちら ジャンプ力アッ …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい