ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バスケの一対一で身長体格に勝る相手に勝つ技《5選》

こんにちはともきちです。今回は小さい選手が大きい選手に一対一のバスケットボールで勝つ方法を伝授します。 僕(175cm)はここニューヨークで身長2メートル弱の黒人さん(昔、ラッカーパークやダイクマンコ …

【ストレッチ】AIS (Active Isolated Stretching)

こんにちはともきちです。 突然ですが 結構前のブログで まだ意味ないストレッチしてるの? というタイトルの記事を書いたのですが 実は最近 その参考URLであるDangers of Stretching …

謎を解明!デングシングの跳び方(スピード型なのに「足引きずってる」理由)

妻「ごめんごめん。こっちのほうが面白く書けそうだと思って。最近言ってたスピード型ジャンプの矛盾について話してや。とにかく中国のデングシングというダンカーの跳び方が、様々なトレーナーが提唱している『理論』と矛盾するということで、物議を醸しているのよネ」

バスケの身体能力を諦めるな!【年齢、身長、人種不問】

こんにちは、ともきちです。 よく、 「身体能力がないから、スキルを身につける」 とはよく言われますよね。 いわゆるシューティングスキルですけど。 でも僕思うんです。 みな(特に日本人)身体能力をあきら …

《トレーニング》筋肉束を鍛えてハムストリングスの怪我を防げ!

夫「muscle fascicleという言葉があって、日本語では筋肉束」
妻「なんとなーくイメージできる」

夫「『ジャンプサイエンス』によれば、その筋肉束の強さと長さとハムストリングスの怪我の発症率にかなりの相関関係があると書いてある」

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい