ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Dunk Training

ジャンプ力を上げる!階段トレーニング(危険:良い子は真似しない)

投稿日:2019年10月17日 更新日:

今回はジャンプ力アップのために僕がやったことのある、階段トレーニングについて書いていきたいと思います。

階段トレーニングって、結構有名っちゃ有名かもしれないんですけど、ま、個人的に自分がやってたトレーニングのやり方っていうのを紹介していきます。

個人的には効果があると思っていて、僕が一回ニューヨークにきて20〜30cmジャンプ力が落ちたときに

このままではあかん_:(´ཀ`」 ∠):

と再開したのがこの階段トレーニングです。ま、昔やってたんですけど。そしたら昔くらい結構すぐジャンプ力戻ったんで。僕の中では信頼性は高いかな、と。

でも妻に毎回「危ないからやめて」と言われます。うーん何故だろう。

ジャンプ力を上げる!階段トレーニング

具体的なやり方

では具体的にどういう風にやるのかというと、僕がやったのは単純に(あ、単純ではないな( ̄▽ ̄))普通ならまあ、階段一段飛ばし二段飛ばしにするところを、飛ばせる段数だけ飛ばしてやってましたね。

僕はまあ、普段は五段〜七段くらい。

これはまあ、危ないと妻から耳にタコができるくらい言われてましたけど。。。。

これはね、階段ジャンプに関しては片足跳びと両足跳びがあるんですけど、僕は両方やってましたね。

片足だったら、右→左と跳ぶパターン。

それから左→右と跳ぶパターン。

両足だったら同時にテイク・オフ。

注意点

片足、両足どちらにしても着地した瞬間は両足のほうが膝を痛めにくいです。

跳ぶ際に足をふみはずしたら危ないんで、僕は手すりつきの階段でやっていましたね。手すりの近くで行なって、仮に踏み外しても、手すりを持って落ちないように。

なぜ、いいのか。

これ、なぜ効果的かというと科学的根拠があります。階段をのぼることによって腸腰筋という高くジャンプするのに必要な筋肉が鍛えられます。

腸腰筋(ちょうようきん)とは

この腸腰筋ですが、黒人は、アジア人白人に比べて生まれつき三倍はあると言われています。ゆえに身体能力が高いと言われる。ダンクするプレーヤーに黒人が多いのは人種的なバックグラウンドは否めません。

でもその腸腰筋は後天的に鍛えることができる

しかもウェイトトレーニングなしで。階段プラス安全のために手すり。僕自身はすごくいいトレーニングやと思っているんです。(めっちゃ危険と言われますが)

代替案

坂道トレーニング

しかしながら、そんなの危なすぎると思われる(常識的な)読者のために代替案があります。同じような効果が期待できるものです。

それは坂道トレーニング

です。坂道を走ります。しかしただ走るのではなく、いくつかポイントはあります。

僕は特に急な坂を見つけてはトレーニングしていました。

走るときのやってはいけない姿勢

ここでポイントは、走るときに前のめりになってはいけないことです。

そして大股でやってください。

この二つに注意すれば自然と腸腰筋を意識して走れるようになります。

ここで太ももの前の筋肉をあまり使わないように

前の筋肉はブレーキの役割をし、裏のハムストリングスがアクセルの働きをします。

なのでスポ根みたいにただただやみくもになると逆効果になるので注意してください。

これ、階段トレーニングではどうしてもハムストリングスを使わざると得ないので、よって僕が坂道よりも階段を勧めるのはそういう理由です。

危険ですが。

恐怖を克服するというメンタルトレーニングにもなります。

坂道でもっと効果的なトレーニング

そんな、恐怖を克服とかこの作者何をぬかしとんねん、と。でも坂道は筋肉どこ使うかとかわかりません、と。そんな人に朗報です。

それは坂道で幅跳びです。

いかに遠くに跳べるかってことです。

これね、幅跳びとは言いましたけど、坂道で幅跳びは意外ときついですよ。

坂道で、斜め上に、そして距離もかせぐわけですから。

普通の坂道ランニングとの違いは、身体の使い方を考えないと達成できない点です。

よって、初心者で間違った筋肉を鍛えたくない方は坂道ランニングより、坂道幅跳びをオススメします。

まとめ:つねに身体との対話を

まとめると、トレーニング中にも常にどの部分の筋肉を鍛えているか、意識してワークアウトを行うことが大切なんです。

どうやれば自分のMAXを出せるのか

今、どこの筋肉鍛えているのか

具体的な話はまた次回!

とにもかくにもただただやみくもに鍛えるのではなく、一回一回全力で丁寧に行うことがジャンプ力アップの近道です!

-Dunk Training

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

片足ジャンプ《パワー型かスピード型かで接地時間が違う》

こんにちはーともきちです。 今回のテーマは片足ジャンプです。 もっというと片足ジャンプの足さばきです。 ま、自分は両足やから関係ないわーいう人も 僕みたいに途中で片足に変わることもあるかもしれないしm …

「明日死んでも」/大成するには自分のサガを知りそれを補う必要がある

*** 夫「もう2時間以上も口論してたな俺ら。子どもの前で」妻「……」夫「最低な親やな」妻「最低ではない。私はあなたのことをその2時間一度も罵ったりはしなかった。2時間のあいだ私はあなたへの想いを伝え …

【筋トレ】短期間で詰め込むと危険《Westside Conjugate System》

その効果は幻か? こんにちは、ともきちです。 今回は 短期スパンで詰め詰めにしているプログラムを (効果が出たからといって) 長期的にしちゃ危険だよ という話を僕の経験も交えて話したいと思います。 僕 …

NBA対ストリートボールダンカー(バスケはジャンプ力の敵か⁉︎)

さあNBAダンカーvsストリートボールダンカー!比較!!どっちのダンクが優れているんだろう? そして最近アメリカで聞く「プロダンカー」って何?成功イメージはダンクするために大事だよ!

身体能力を上げるには他のスポーツにも目を向けよ!〈理由〉

unsplash-logoJeremy Lishner こんにちはTOMOKICHIです。ともきちです。今日は身体能力を上げるために、まあ大抵は特定のスポーツをなさってるとは思います(僕の場合、バスケ …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい