ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Dunk Training

ジャンプ力UPにフロントスクワットは必要か?《ベストでない理由》

投稿日:2019年11月29日 更新日:

私はあんまり意味を感じない……ジャンプに関しては。

こんにちはーともきちです。

突然ですが、皆さまフロントスクワットってできますか?

思うにほとんどの人はあんまりやっていない、あまり馴染みがないと思います。スクワットは知ってるけど……みたいな。僕もそうでした。

今現在進行形でやっているジャンププログラム、バウンスキットの中に含まれるので、やろうと思ったのですが……

あれ? できない? 

肩に手がつかない??

フォーム見てからはできるっちゃできたのですが、ほかにも様々なスクワットがある中で「なぜこれ?感」は否めず、これがきっかけでスクワットについて(フロントスクワットとバックスクワット)調べてみました。

結論から言えば「僕は」あまり意味を感じなかった……まあフォームがうまくできなかったから負け惜しみと言われそうですが、一応根拠はあります!! 

「酸っぱいブドウ」ではありません

ジャンプ力UPにフロントスクワットは必要か?

フロントスクワットvsバックスクワット

とりあえず両者の画像載せときますね!

フロントスクワット

具体的に言えばこの手がね……最初できませんでした。

なんなんでしょう、手首の柔軟性なんですかね。これって。

今見てもすごい曲がり方しているなあと思います。

まあ、手を前でクロスさせてやるやり方もあるみたいですよ。

バックスクワット

言わずと知れた(?)バックスクワットです。個人的にスクワットといえば、バーベルを後ろに肩に担ぐ、このイメージでした。

拭えないフロントスクワットの「なぜこれ?感」

両者を比較したあとで、今から僕がフロントスクワットが不要だと思う理由を説明します。

4つあります。

理由その1:鍛える筋肉がもも前である

第一の理由は、フロントスクワットで主に鍛えられる筋肉、僕調べたんですけど、大腿四頭筋、つまり太ももの前の筋肉である、という点です。

大腿四頭筋は「ブレーキ筋」である

「ゆる体操」の高岡英夫さんによると大腿四頭筋つまりもも前の筋肉は「ブレーキ筋」であり、ジャンプ力やスピードを上げたい僕からしたらあまり積極的に鍛えたくない筋肉ではあります。

以前のブログ

筋トレしてもジャンプ力上がらない理由

で詳しく述べているのでもしご覧になってなければ

みてみてください。

理由その2:「コスパが悪い」

あげられる重量はバックスクワットの八割程度が相場

これ、ご自身でやってみてくださったらわかりますように

フロントスクワットであげられる最重量(max weight)は多くとも大体バックスクワットであげられる重さの75%〜80%なのです。

つまり、下半身の筋肉を鍛えたいときに75%〜80%しかあげられないよりも、

20%増しの重りでやれるバックスクワットのほうが、よりパワーが付きますよね。

しかも一番の理由であげたように、前ではなく後ろ側の「アクセル筋」が(メインで)つく。しかもより負荷がかかった重りでできる。

ちなみに僕の場合、フロントスクワットであげられる重りはバックスクワットのわずか二分の一でした……。これってもも前の「ブレーキ筋」がついてないから、と喜ぶべきなのか、否か……。

うーん

理由その3:中途半端では?

上半身の筋肉を必要とする

いろいろ調べてみたのですが、フロントスクワットはバックスクワットに比べて上半身の筋肉をより必要とするようです。

upper backというんですか。上背の筋肉です。

あとはコアを鍛える。

でもそれって、別の上半身のウェイトトレーニングをすればいいと思うんですよ。

これは「ジャンプサイエンス」というジャンププログラムの作者のダニエル・バック氏も言っていることなのです。

僕も同感で、

スクワットのメインの目的は下半身、詳しくいうとハムストリングスとお尻の筋肉を鍛えると解釈しています。それが本来の目的かと。

だから目的が少しずれてきているかなあ、という思いはあります。

バランス良く鍛えられる、という見方もできるのですが、

正直な話、フロントスクワットって結構フォームが難しいというか、ハードル高いんですよ。

それでバランス良く、と言われても……。

モチベーションがわかないというのが本音っちゃ本音なんです。

帯に短し襷に長しでピュアに下半身を鍛えたい人向けではない

ダンクしたい、ジャンプ力をあげたいと思ったときに、ピュアに下半身を鍛えたいと思うんですね、少なくとも僕はそうなんですけど。

まあ、バランス良く鍛えるのが好きで、しかもフロントスクワットも好きで、という方はもちろんそれはそれでいいと思いますよ!

でも僕はこの点でもあえてフロントスクワットをやる意味を見出せなかったですねー。

理由その4:オーバーヘッドスクワットのほうが優れている

フロントスクワットを推奨する人の意見として

バックスクワットよりフロントスクワットのほうがフレキシビリティーを要する

というのもあります。足首などの柔軟性です。

しかしそれならオーバーヘッドスクワットというのがあります。先述のダニエル・バックコーチ曰くそっちの方が柔軟性を鍛えるのに優れている、と。

バーベルを頭の真上で掲げるやり方です。これはフロントスクワットの進化形とも言えるスクワットで、上半身の筋肉、フレキシビリティー、コア、それらをバランス良く鍛えるという面で、フロントスクワットより適しています。

もしかしたらオーバーヘッドスクワットが難易度高いので

フロントスクワットのほうがやりやすいだろう、と採用されているのでしょう。

何度も言いますが僕からしたらどちらも難易度高めです……。いや、本当に。

まとめ

難易度高めな割に中途半端な印象

語弊をおそれずまとめますと、

難易度高めな割に効果が中途半端

という話でした。

ここで付け足すことに、フロントスクワットの方が背中への負担が少ないという意見もあったので

動画で確認しましたが、正しいフォームでやっていたら、あまり大差ない印象でした。

あれこれ書きましたが、なんだか結局以下の話に落ち着きそうですね、

そもそも難易度高い

→フォームが難しい、もしくは根本的にできないフォーム

→自分にあっていないので正しいフォームでできていない可能性

→なのであまり効果が得られない

プロダンカーの人がやっていた筋肉トレーニングでフロントスクワットが入っていたとしても、その人は「正しいフォーム」なるものでできていたのでしょう。察するに。

ダンクする者、ジャンプ力を上げたい人にとって筋肉トレーニングはあくまで手段です。

そう、手段であり、目的ではない。

ジャンププログラムに示されているそのフォームができないもしくは苦手なときに、そのまま遵守するのではなく、フレキシブルに自分にあうものに変えることも必要なのだと僕は学びました。

フロントスクワット系が苦手な僕が変えたものに、ゴブレットスクワットというのがあるのですが、これはまた後日のブログで紹介します。乞うご期待!

-Dunk Training

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

つま先接地ORかかと接地?—スピード型ジャンプ(片足)分類!《後編》

夫「そしてつま先接地が向いているのはTHP曰く、ふくらはぎが大きい選手」妻「へーえ。エリートなアキレス腱を持っていないとされるのにね」

NBA対ストリートボールダンカー(バスケはジャンプ力の敵か⁉︎)

さあNBAダンカーvsストリートボールダンカー!比較!!どっちのダンクが優れているんだろう? そして最近アメリカで聞く「プロダンカー」って何?成功イメージはダンクするために大事だよ!

謎を解明!デングシングの跳び方(スピード型なのに「足引きずってる」理由)

妻「ごめんごめん。こっちのほうが面白く書けそうだと思って。最近言ってたスピード型ジャンプの矛盾について話してや。とにかく中国のデングシングというダンカーの跳び方が、様々なトレーナーが提唱している『理論』と矛盾するということで、物議を醸しているのよネ」

バスケの練習がつらい?「楽」を求めるほど上達につながるという証明

こんにちはーともきちです。 今日はバスケットボールの練習がつらい、 でもうまくなりたいから頑張ってやっている、 そんなあなたに向けた記事です。 No pain no gain ってよく言いますけど、 …

《ダンクトレーニング》ジャンププログラムは遵守派?いいとこ取り派?

こんにちは、ともきちです。 今回は引き続きダンクトレーニングです。 現在バウンスキット、パワーファイズ(第1ステージ:筋トレハードな時期)終わりましたよ。 その今で「さえ」、垂直跳び自体は上がっていま …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい