ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Balling

バスケ強い人と出会うためにはYMCA![理由]治安の悪い所狙い目

投稿日:

YMCA!!

前回は人生の早い段階で「強い人」とやるのがいいという話でしたが、

ではどこで出会ったらいいのか、どこで出会えるのか、という話です。

例えばバスケットボールの修行でアメリカに来たはいいものの、どこでうまい人がやってるのか、具体的にそういうの知りたいですよね。

というか、僕が知りたかったんですけどね。

結論から言いますと、YMCAがベストでした。

バスケ強い人とやるにはYMCA!

その理由

ま、言うまでもないことかもしれませんが安価なシティジム(ニューヨークレクリエーションセンター)というのがあるにもかかわらず、わざわざ高価なYMCAに行くのですから、意識が高いのです。

詳しくは↓こちらのブログから

ニューヨークではインドアでバスケし放題

以下はYMCAに通ったことで得た「出会い」とそのほかの「出会い」の数です。比較してみてください。

比較

ジャマイカYMCA

  • 3対3のトーナメントに誘われた。
  • ABAのトライアウトのキャンプに誘われた。
  • NBDL、ABA等のセミプロの人たちと一緒にワークアウト、プレーすることができた。
  • 前述(前のブログ)のアンソニーとの1対1。

ロングアイランドシティYMCA

  • D1(大学の一部リーグ)の選手と一緒にプレー。(スペインのプロリーグでの経験ある選手です)「一緒にやらないか」
  • YMCAのアダルトリーグに参加した。(今はそのリーグ無くなっちゃったけど)

そう、こういったトライアウトの情報や、リーグの情報、ネットでは出てこないんです。一般には公開されていない。

全ての情報がネット公開されているわけではありません。

YMCAに通い続けて認知度が高まると、そういう「選ばれた人しか行けない」キャンプやリーグなどの情報が手に入ります。

それに対して……

シティジム

  • フィリピンの人からリーグに誘われた。しかもレベルは高くない。

これくらいです。

僕ストバスでもやってたし、シティジムも同じように行きましたけどYMCAほどの出会いはなかったですね。

通い続けることがポイント

もちろん、単純にYMCAに行ってすぐではありませんでした。

毎日朝から通い続けていて、一年、二年経ってからでしょうか。ま、僕がシャイだったというのもあるんですけどね。

基本人見知りでしゅ。

それにどこのYMCAでもというわけではなく、

ジャマイカYMCAがベストでした。

「コアな」ところの方がバスケ強い

はっきり言います。

治安の良さとバスケの強さ反比例説

治安が良いマンハッタンとかに限ってあんまりバスケ強くなかったりだとか

治安があんまり良くなさそうなハーレムやジャマイカにバスケ強い人多いです。単純に黒人さんが多いんでしょうね。

なんだかんだ黒人さんバスケ強いです。別に差別とかではなく。
傾向です。(写真はイメージです)

とはいえ皆さまも感覚的に知ってらっしゃるでしょうね。

まあ、マンハッタンのマクバーニーYMCAで元NBA選手のおじいちゃん(ラリー・バードの世代!(´⊙ω⊙`))に出会うという例外もありましたが。

基本的にはハーレム等のコアなところに行った方がバスケするにはいいという個人的な見解です。

僕はジャマイカでした。

治安等、良くないと一般的に言われるところではありますが、僕は危険を感じたことはありませんでした。

あとは時間帯も関係あります

もっとも出会いに効果的な時間帯は

朝、昼

ですね。

つまり9to5の人—-朝の9時から夕方の5時まで働くホワイトカラーな正社員的な人—-が来ないような時間帯

です。

朝昼は

プロの選手とか、

時間に余裕がある大学生(現役!!)

が来るんです。かなりありですよ。

あとは早朝!(午前5時とか)

この時間は意識高い人が来るので。

夜だと混むし、人がごった返していると、まあ出会いも期待できず。さっきも言いましたけど僕基本シャイなんで。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )自分からは話しかけず。。。

アテンション得やすいですよね。人数の少ない朝のほうが。

もし皆さまがガッツガッツ行けるタイプなら、どの時間でも出会いを見つけられるかもしれません。

Buddy-buddy

まとめ

一口にニューヨークでバスケするといっても、僕はなかなかバスケが上手い人にすぐに出会えるわけではなかったです。

プロの選手とか、D1の選手とか。

まとめると

コアな場所(そんなに治安が良さそうじゃない)でのYMCA、時間帯は朝昼、

これで通いつめて認知度を得てしまうと、

僕のように自分から話しかけなくとも(繰り返しですが基本シャイです_:(´ཀ`」 ∠):)、バスケ強い人とできる可能性が高まります。

僕はキャリアなかったんですけど、そういう僕でもプロの選手やD1の選手とやれるのはニューヨークしかないですよ!

一度きりの人生なんで、自分の実力を試したいとは思いませんか。

-Balling
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【バスケ】一番強い人とやらないと時間が無駄な理由[武者修行]

バスケ上手くなりたい。 でもどうやったら上手くなれるんだろう。 こういう悩みをお持ちのかたもいると思います。 練習はしているけれど……。 なんとなく伸びが頭打ち。 そんな時は、結論からいいます。 即、 …

《バスケ》信じられない!個性派!ニューヨークボーラー7選【前編】

こんにちは、ともきちです。 今回は日本人の感覚からすると信じられない(?)ニューヨークのストリートボーラーの実態を暴きます。で、今日は前編です。 簡単に言うと彼らは負けず嫌いでほんまにガチです。良くも …

【ストレッチ】AIS (Active Isolated Stretching)

こんにちはともきちです。 突然ですが 結構前のブログで まだ意味ないストレッチしてるの? というタイトルの記事を書いたのですが 実は最近 その参考URLであるDangers of Stretching …

【挑戦せよ】日本は失敗を恐れる教育?/小さな「怪我」から学ぶ姿勢

妻(ライター)「あけましておめでとうございます。こんなんですが今年もよろしくお願いします」 夫(ともきち)「いやいや。2020年最初の記事やけど、ライフ系でいく? それともライフ系続くからやめる?」 …

夢を追うのは怖いか?【本当に怖いのは夢を失った自分】ダンク中毒

こんにちはともきちです。 僕は31歳ニューヨークで8〜9年、バスケの武者修行しながらダンク練に明け暮れています。 いわゆる夢追い男です。 夢追い男はなかなか結婚できないそうですが、実は僕は結構早めに結 …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい