ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Dunk Kicks

バッシュのクッション性は高いほうがいいのか?【zoomの入る場所】

投稿日:2019年11月8日 更新日:

こんにちはともきちです。

バッシュ選びって大変ですよね。

そもそも自分に合った靴を選ぶのも難しいのに、

バスケットボールをするとなると、もっと基準が難しくなりますよね。

合わない靴なら怪我するし、

クッションもいろいろ違うし。

ここでは、とりあえずドライブする時に適した靴、

特にクッションセットアップについて考察していきます。

僕もナイキのシューズ好きなんで、

ズームの位置がかかとにあるのがいいのか、つま先(前足部)にあるのがいいのか

結構考えました。

今、結論的なことが出たので発表したいと思います。

僕個人の経験もありますが、どっちかというと身体の使い方とかアナトミーとか

そういう観点から見ていきますね。

ナイキZoomの入る場所

つま先ズームvsかかとズーム

最初にこれ、つま先ズームがいいのかかかとズームがいいのか好みは分かれると思うんですけど、

僕が再三ブログで

かかとを使え!

と言っているので、かかとズームがいいのかな、なんて読んでくださった方は思ったかも知れません。

確かにそういう一面はあります。

「初心者」にはつま先(前足部)に弾力性がありすぎるクッションは勧められない

シンプルに言うと、身体の使い方がまだ慣れていない人(=かかとを使うことに慣れていない人)は、つま先(前足部)に弾力性のあるクッションはオススメしません。

ズームは、全てのズームとは言いませんし、つま先ズームが悪いというわけでもありませんが、

どうしても

そこにクッションがあるから

そこに山があるから

……的な感じでつま先に頼ってしまうのは否めません。

サブリミナル(無意識)に影響を受けてつま先重心になりがち

特につま先(前足部)に入っているのがトップロードズーム(top-loaded Zoom,上の方にあるズーム)だと、あからさまに「クッション入ってる感」があるので、その弾力性にあやかろうとどうしてもつま先使ってしまうと思います。

もちろん僕も

かかとはアクセルでつま先ブレーキだけど、

つま先に弾力性のあるクッションがあれば

アクセル+ブレーキという足の構造が
アクセル+アクセルになって2倍速くなるのかな??(アクセル×2)

と思って

つま先ズームのバッシュ履いてましたけど、

それはかかと重心を体得してからなんで

やはり初心者は避けた方が無難かな、と思います。

(ちなみにかの「つま先にズームあったらどちらもアクセルになって速くなる説」は、僕にとっては当たっていたのかも知れません。が…

そんな、上記の数式通りにいくほど簡単な話ではなかったのでまたの機会に書きます)

とにかく「かかと重心はじめたて」のプレーヤーはつま先ズームは避けたほうが身体の使い方を体得しやすいです。

そもそもクッションによって身体能力は上がらない

ナイキ(zoom)やアディダス(boost)にケンカ売っているわけではなく…。

こういった結果がでています。小学生の、靴を履いた50m走の数値と裸足で走った時の数値を比べた実験です。

実験の結果,5年生と6年生を合わせた被験者68名のうち,53名が裸足で走っ た方が靴を履いた場合よりも速く走ったという結果になった。

靴と裸足による50走 タイム,走速度,脚(大転子点と足関節を結んだ線)
の接地直前の最大振り下ろし速度の観点から 田附俊一
https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/13058/027000450003.pdf

やはり足の持つ天然クッション(足の裏)には敵わないのか。

残りの15人の子どもたちは裸足で足が痛くて遅くなった可能性もある。

確かにズーム(Nike)でパフォーマンスが上がったと思った時期はあった

そうは言っても、感覚の問題で、それはありましたけどね。ズームでパフォーマンスが上がった気になる。靴(Jordan Superfly2など)によってはドーピングのような感覚が体験できますから。

トランポリンのよう

地面からの反発には勝てない

しかし、いろいろな靴を履いているうちに、

どんな反発性のあるクッションも地面からの反発(反作用)には勝てない

という結論に至りました。

実際ナイキのホームページ行ってzoomXというクッション見つけましたが

85%energy return

エネルギーリターン85%と書かれていました。(https://www.nike.com/zoomx)

やっぱり100%じゃないんやあ、と。

「ダンカーに適した」シューズとは?

YouTubeのMr.フォーマーシンプソンのインタビュー

ここでYoutuberのミスターフォーマーシンプソンと言う人がプロダンカーに対して興味深い調査を行なっていました。

あなたにとってダンクするのに一番適したシューズは何か? です。

いいクッションが搭載されたWHY NOT(ウェストブルックのシューズ)なのかな、と思いきや

九割くらいがKobeラインのシューズでした。つまりクッションがミニマムなシューズです。

行き着くところはミニマムクッション

結局、いろんなシューズを履いていくうちに達する結論って、これなのかな、と。クッションは最小限がいい。

ハイテクシューズで怪我しやすくなる!?

しかもこんなデータも。

Athletic footwear are associated with frequent injury that are thought to result from repetitive impact. No scientific data suggest they protect well. Expensive athletic shoes are deceptively advertised to safeguard well through “cushioning impact” yet account for 123 percent greater injury frequency than the cheapest ones.

the British Journal of Sports Medicin
from Natural Footgear
https://naturalfootgear.com/blogs/education/34226629-the-shoe-cushioning-myth

いわゆる運動靴が、怪我を引き起こすとされる。理由は、衝撃が繰り返しかかることだと考えられている。運動靴が足にかかる衝撃をよく防いでくれるという科学的なデータはない。高額な運動靴は一見広告通りにインパクトプロテクションが搭載されているように思えるが、実際は安物に比べて123%も怪我の頻度が増えるのである(注、二割三分増し)。(拙訳)

高いお金出してバッシュ買うのに……

どうでしょうか。僕は実はここまでくると半信半疑というか。信じたくないのかもしれませんが。

まとめ

身体の使い方を阻害しないクッションセットアップを(そして理想はミニマムクッション)

まとめますと

身体の使い方(かかと重心)を阻害しないクッションセットアップのバッシュを選んでください

ということです。

そして、そんな裸足でやれとも下駄でやれとも言うつもりはさらさらなく……

やはりクッションは安心感という意味でも最小限あった方がいい。

でも僕の経験からあくまでも最小限で、ズームだったら靴によっては弾力性が控えめなのもあるので、そういうのになりますね。履くのは。

実は今履いているZoom Freak 1はわずかに後傾していて、かかとを使いやすくかなり気に入っています。

みなさんのバッシュ選びの手助けになれば幸いです!

-Dunk Kicks

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャンプ力アップのバッシュ選び〈其の一〉

こんにちはともきちでーす。 今日はダンクに最適なシューズ選びについて書いていきたいと思います。ダンクをする際に当然ですけどなるべく高くジャンプした方がいいですよね。で、高くジャンプするためには結構シュ …

《比較》シューレビューする人をレビューする!(バッシュ選び方)

こんにちは!ともきちです。今日は海外(日本以外)でバッシュのレビューしている人をさらにレビューします。 僕はニューヨークに住みながらいろいろなシューレビューを見ながら どういうバッシュを買おうかなあ …

ジャンプ力アップのバッシュ選び〈其の二〉

さて前回に引き続きジャンプするのに最適なシューズ選びについて。前回は必要な三つの要素という理論編でしたが、今回は具体的な話です。 ▶︎▶︎前回ブログはこちら ジャンプ力アッ …

【バッシュ】Jordan CP3.XIIパフォーマンスレビュー(クリスポール)

こんにちは! ともきちです。今日はバッシュのレビューをしていきたいと思います。 レビューするシューズはJordan CP3 XII(12)です。 これはダンクするのに(現時点で)ベストなシューズだと、 …

【バッシュ】Jordan Zero Gravityパフォーマンスレビュー

こんにちはともきちです。今日はジョーダンゼログラビティのレビューをしていきたいと思います。 これはジョーダンの比較的最近に発売されたチームモデルのバッシュです。 今回も Traction Cushio …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい