ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

《バスケ》信じられない!個性派!ニューヨークボーラー7選【後編】

こんにちは、ともきちです! 今回も前回に引き続き 公園のピックアップバスケに来る個性的なニューヨークボーラー7選のうちの残りの3タイプについて書いていきます!! 今回はちょっとアブナイです 信じられな …

【ダンク】助走のスピードを追い求めよ《どんなジャンプを選択するか》

夫(ともきち)「繰り返すようやけど複雑やで、ダンクは。人間の身体のことやし。そんな単純やったらみんな『ジャンプアタック』買ってみんなダンクしてるよ」妻(ライター)「自分がダンクするにあたって、どの跳び方を選択したらいいのかってわかるかな」

ジャンプ力を上げる!プログラム〈レビュー:ジャンプサイエンス〉

こんにちは! ジャンププログラム「ジャンプサイエンス」を今日でちょうど終えた、ともきちでございます! なので記憶がフレッシュなうちにレビューしていきたいと思います。 ここは良かったな(Pros)という …

《ジャンプ力》オリンピックリフトはジャンプ力アップに有効か

こんにちはーともきちです。 現在しているジャンププログラム、バウンスキットもヘビーウェイトのフェイズが終わって、新しい……というか今までしたプログラムの中になかったウェイトが新たに加わりました。 それ …

両足ジャンプ《後編》「両足で跳ぶ」はあり得ない⁉︎/ブロックフット論

妻「で、今日は昨日予告した両足ジャンパーは存在しないという、まさかの前提を根底から覆す説について話していただけるんでしょうか」

夫「そりゃ二つやり方があってどっちがコンフォタブルに(快適に)跳べるかという違いはあるよ。好みの問題。それか、どっちかのほうが高く跳べる、とか。それは否定しない。でも跳ぶ時の原理は違わないって言いたいねん」

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい