ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Life

【ライフ】挑戦しない言い訳をするな/「正当化」の思考に終止符を

投稿日:2019年12月26日 更新日:

こんにちはともきちです。

よく

「人生で無駄な時間はない」
「あの辛い体験があったからこそ今がある、だからあれは必要だったのだ」

そんなことよく言いますよね。

それは嘘です。

ま、捉え方は自由やないか、という意見は否定しませんが、僕は人生に無駄な時間ふつーにあると思います。

そして、こういうことを言って若者に我慢(もしくは自分が経てきた“苦労”)を強要してくる大人はその目の前の若者のことを思って言っているのではなく、

ただ単に自分の人生否定したくないだけなんですよ。

聞くほうの若者からしたら迷惑な話です。

もちろんある程度生きてきたであろう自分の人生を否定したくない気持ちは理解できますが、そんなこと他人は関係ないのですから、

自分のしょうおない人生を肯定したいがために若者を利用するのはいい加減やめていただきたいですね。

今回は「挑戦しない言い訳をするな」そして、「無駄は無駄」と認めて成長につなげよう、という話です。

挑戦しない言い訳をするな

てかその発想自体、人類の発展から矛盾してない??

冷静に考えて、あとの世代には自分の失敗を繰り返してほしくないと思うのが筋だと思うのですよ。

というか、人類ってそうやって発展してきたのでは!?

他の動物と違って遺伝子だけじゃなくて、文字で書いて

こんなことあんなことしちゃダメだよ〜

なんて

まあいえば歴史を残しておくということができたから、その進化のスピードを劇的に早めることができて今があるわけじゃないですか。

その「進化」が果たして正しい方向だったかどうかという議論はさておき

だから

自分のあれもこれも辛かったけど意味があった。だからおまえも(同じことを)しろ

というのは、根本的に変なのですよ。

働き方だって変えていくべきなのに

僕自身はサラリーマン経験はないですが、よく接待やら付き合いやらも意味があると言いますよね。

会社終わってから飲み会があって

そういう付き合いは今無駄に思うかもしれないけど

いずれはどこかにつながっていくからとか

仕事する上で必要とか

ありますけど、こういう労働のスタイル自体も、どんどん改善していくものですからね。

筋トレを悪とみなしやめてしまった5年間

僕は今ニューヨークで九年ほどバスケ&ダンクしているのですが、

こんな僕自身も、ジャンプ力の点で無駄だったなあと感じざるをえない数年間がありました。

以前パフォーマンスウィンドウの回で詳しく書いたのですが、僕はかつて筋トレを悪とみなして5年以上筋トレを全くしなかったんです。

結果ジャンプ力は停滞、もっというと低下しました。

高校からできていたダンクもできなくなりました。

間違いに気づいて筋トレを再開したのは最近です。

これを「いい経験だった」ととらえたほうが「ポジティブ」に聞こえるかも知れませんが

僕はそうは思えないですね、

どう考えても、五年も必要なかったですから。

しかも、それはポジティブとは言わないですね。

正当化です。

だから「ともきちブログ」やってるとも言えます。皆さんに同じワダチを踏んでほしくなくて。

でも無駄なんて言いたくないのが人情じゃないすか。

短い人生、そうやって無駄な時間などないと肯定して生きていくのだって幸せなんだと思います。それは事実です。

こっちになにもとやかく言ってこないのなら、それについて人のことなんでとやかくいう権利はないですし、否定するつもりもないです。

脳科学者の中野信子さんだったか、どこかの著書でおっしゃっていたんですけど、

人間は永遠に生きられるわけではないのだから、と。

今までそうやって生きてきた思い込みを捨て去れ、というのはあまりにも酷、と。

でも、僕は、あえて言います。

無駄は無駄、失敗は失敗と認めることから成長は生まれると。

無駄は無駄、失敗は失敗と認める

僕がそういう思考(正当化の思考)が好きじゃない理由は、

辛いこともあれもこれも人生には無駄はないとか言い続けてしまうと

我慢することが日常化してしまうからです。

現状を変えようとせず挑戦しないことの、テイのいい言い訳になってしまうことですよ。

後悔するのとは違う

だからといって、

ああすればよかった

こうすればよかった

と後悔して生きるのとは違います。

だったら正当化しちゃってハッピーに生きたほうがまだマシというものです。

ではなく、無駄な時間は無駄と認め、ではそこからどうポジティブに繋げていくかが大切なのだと思うんです。

決めつけ、とらわれを無くす

そのためには、先程の僕の筋トレの経験上ですけど、

あまり確固たる思い込みを持ち続けるのは危険かな、と考えます。

この場合は

筋トレ、イコール、悪

という勘違いに僕は数年間もとらわれていたわけです。

もっと冷静な思考があれば、一年くらいで「ちょっと変だな」と思って軌道修正できたでしょう。

今のように知識を得ようともっと早くに思ったはずです。

「コンコルド効果」ではないですが、

埋没費用効果。ある対象への金銭的、精神的投資をし続けることが損失につながるのではという懸念があるにもかかわらず、今までこれだけやったのだからと誤りが認められず投資がやめられない状態。コンコルドの商業的失敗から。

何年も筋トレなしでやってたから、今さら的な思考で、冷静な判断力を鈍らせてしまうのですね。

いかに柔軟な思考で思い込みやとらわれを無くすのが大切か、学びになりました。

まとめ:人生本当に無駄にしたくないなら「正当化」の考えに終止符を

まとめになっているかわからないのですが、

そのためには

ある程度短いスパンで物事を見る必要もあるし、

長い目で見る必要もある、と。

短いスパンで見るのは言わずもがな「コンコルド効果」に陥らないためですけど、

長いスパンというのは、

そもそも

筋トレやめてパフォーマンスがあがった

筋トレするとパフォーマンスが下がる

これで筋トレは悪!という短絡的思考ではなく、

知識を得て長期的視点で見ることも大切ということです。

どっちも必要です。

時間を本当に「無駄」にしたくなければ、

あれでも意味があった、この無駄に思える時間でもどこかにきっと繋がっていく(今はそれが何かわからないけど)…的な

正当化の思考を断ち切って、

冷静な判断力を養い、対策しましょう。どこが悪かったか分析し、新しい挑戦に生かしましょう。

それが本当の意味で未来につなげるってことですよ。

-Life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バスケでチームメイトに合わない人がいる時の対処法《4つ》

もしチームメイトに苦手な人がいたら……? 僕ニューヨークでバスケしてるんですけど、ピックアップ(ストバス)したりインディビジュアル(個人)でリーグに参加したりするときに何気にこれ、思います。 バスケは …

【バスケ】【恋愛】妥協して本当にいいんですか/セルフイメージを高く

こんにちはーともきちです。 今日は 自分のセルフイメージを高く持とう、 という話です。 「自分の実力は……自分のキャリアが これくらいだから、このレベルとバスケしてるのがいいんだ、これが自分に相応なん …

【プロダンカーの軌跡】ジョナサン•クラーク《夢は探すものではない》

fall in love こんにちは、ともきちです。 今日はバイオ系でいくよー。バイオ系っていってもバイオハザードバイオじゃないよー。伝記系だよー。 とまあ、そんなことはさておき、 今回紹介するのは …

《ジャンプ力》パフォーマンス向上の目安【調子の悪い時こそ不動心】

現状 夫「今月健康やったん三日だけ」妻「今も現在進行形やしな」夫「風邪やっと治った思たら息子にうつされて(ピンポン感染)またひいた。げほげほ」妻「あたしもひいた」夫「一回だけやろ」妻「うん」夫「俺二回 …

夢を追うのは怖いか?【本当に怖いのは夢を失った自分】ダンク中毒

こんにちはともきちです。 僕は31歳ニューヨークで8〜9年、バスケの武者修行しながらダンク練に明け暮れています。 いわゆる夢追い男です。 夢追い男はなかなか結婚できないそうですが、実は僕は結構早めに結 …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい