ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Dunk Training

片足ジャンプOR両足ジャンプ?

投稿日:2019年10月6日 更新日:

こんにちはー。ともきちでーす。今日は二つのジャンプの種類について書いていきたいと思います!

ジャンプ、それはダンクする時に必要不可欠ですね。いざダンクしたいってなった時に、じゃあ自分はどう跳べばいいんだろうっていうことで今回二つのアプローチを提示したいと思います!

ではまず最初にその二つのジャンプの方法

①片足ジャンパー
②両足ジャンパー

このブログではその二つのジャンプ、これが一体何やねんっていう話と、で、片足ジャンプと両足ジャンプ自分はどっちをしたらええねんっていう悩みに答えたいと思います!

ま、ぶっちゃけた話、高く跳べるほうでいいとおもいます。

そらせやろ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

まあただ今若い子でどっちを目指したらいいのか、若い時ならどっちもやっていいと思います。答えになってないようですが、理由!

片足ジャンパーはスレンダーでスピードがある人向け

両足ジャンパーは筋肉質な人向け

……なんですね。

これは原理としてジャンプっていうのは基本的に

speed×strength

つまり

スピード×筋力の強さ

ここでどちらのジャンプをする際にもスピードは大切なんですが

片足ジャンプのほうがジャンプの高さのスピードが比例しやすい

んですね!ハイ。けっこー自分は細身でクイック系やなー早いなーと、そういう人は片足ジャンパーの方が向いています!

で、この私ですが両足ジャンパーかなーと思った時期はありましたが片足ジャンプに今はなってますね……。それか片足ジャンパーってことに気づいてなかったのか。

で、まーそれは置いといて。両足ジャンパーですが、ズバリ

筋力

がある人がおススメですね! いわゆる体型がゴツゴツ。

両足ジャンプは片足ジャンプに比べて助走キョリが少なくて、スピードが還元されにくいんで、最後の二、三歩かな、その最後のステップが大事なんで

筋力の比重が大きいんです

ね。

なので歳をとられている……といったら失礼だしマ、僕も31なんですけど_:(´ཀ`」 ∠):スピードは落ちたけれども筋力トレーニングをしてジャンプ力を上げようっていうのに向いてるでしょうね。

で、まあstrength(筋力)をつけたらまあ、いわゆるバネの論理で高く跳べるっていうわけなんです。

もちろん両者どっちもスピードも筋力も必要なんですよ、そこはあしからず。。。よりスピードを使うか、より筋力を使うか、で区別してるってわけなんです。

で、例を挙げてみると

片足ジャンプで有名なのがNBA選手のザック・ラビーン

この選手はダンクコンテストで優勝してますね! 歴史に残る名勝負でした。最近です。2016年とか。あとで言いますが対戦相手のアーロン・ゴードンが典型的な両足ダンカーです。片足ジャンパーvs両足ジャンパーの典型例な例が一気に見れるということでまた動画検索してみてください!

ストリートで言えば片足ジャンパーの例で名前を挙げれば

スプリングス

ですね!この人は左利きです。昔AND1と契約してました。この人はもう誰よりも片足ジャンパーの鑑って言っていいと思います!

片足ジャンプを目指すならこの人が理想。なんでかって彼めちゃくちゃ細いんです!ぶっちゃけガリガリ気味で、でもモノスゴイ、スピード、持ってるんですよ!モノスゴイ勢いで助走してモノスゴく高く飛く跳ぶんですね。筋肉質でなくてもこのモノスゴイクイックネスとスピードが高いジャンプを生み出しているんですね。

で、ここで両足ジャンパーのストリートボーラーの紹介。

T-Dub

ですね。これはもー伝説的なダンカーですね。身長175cmという(あ、俺と同じ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎)なんですけどもー、バスケットのリングで頭打つくらい跳ぶんすよ。

で、彼はゴツゴツしてますね、丸太みたいに。両足ジャンパーだけあって。

ま、ここまで書いてきましたけど、エリートのダンカーはどっちもできるんですけどね。

どないやねん、てな感じですが明らかにpreference (好み)の問題だったり、こっちのほうが確実にやりやすいとかはありますね。

かのマイケル・ジョーダンなんて状況に応じて使い分けてます。

試合中でスピードにノッてるときは片足ジャンプですし、ダンクコンテストなどで、まー助走キョリ少ない状況とかだと両足ジャンプだったりしますね。

てゆーわけで、まーこんな感じですかね。

結論としては

・若い人でいろんな可能性があるときはどっちもやった方がいい

・筋力があまりなくてスピードに自信がある人は片足向き

・スピードがあまりない人で筋力がある人は両足が向いてる

ま、何にせよ最低限の筋力とスピードは要りますけどね、繰り返しになりますが。( ̄▽ ̄)その上で判断してください。自分に似た体型、タイプのダンカーがいたら真似しやすいですよね、ま、また次回……いやまたいつかってことで。

-Dunk Training
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ダンク】助走のスピードを追い求めよ《どんなジャンプを選択するか》

夫(ともきち)「繰り返すようやけど複雑やで、ダンクは。人間の身体のことやし。そんな単純やったらみんな『ジャンプアタック』買ってみんなダンクしてるよ」妻(ライター)「自分がダンクするにあたって、どの跳び方を選択したらいいのかってわかるかな」

両足ジャンプ《後編》「両足で跳ぶ」はあり得ない⁉︎/ブロックフット論

妻「で、今日は昨日予告した両足ジャンパーは存在しないという、まさかの前提を根底から覆す説について話していただけるんでしょうか」

夫「そりゃ二つやり方があってどっちがコンフォタブルに(快適に)跳べるかという違いはあるよ。好みの問題。それか、どっちかのほうが高く跳べる、とか。それは否定しない。でも跳ぶ時の原理は違わないって言いたいねん」

《トレーニング》筋肉束を鍛えてハムストリングスの怪我を防げ!

夫「muscle fascicleという言葉があって、日本語では筋肉束」
妻「なんとなーくイメージできる」

夫「『ジャンプサイエンス』によれば、その筋肉束の強さと長さとハムストリングスの怪我の発症率にかなりの相関関係があると書いてある」

【トレーニング】「チート」せず筋トレの効果を最大化せよ

こんにちはーともきちです。 今回こそは前回やるはずだった、 トレーニングにおける「チート」と呼ばれる間違ったフォーム について書いていきたいと思います。間違ったというのは語弊があったかな? なんにせよ …

【ジャンプ力アップ】自重トレーニング《コロナでジム使えねえ!!》

嗚呼!YMCA! こんにちは、コロナウイルスの影響真っ只中なニューヨーク在住、ウィンドミルダンクを目指す31歳のともきちです。 皆さまもご存知の新型コロナウイルスですが、ここニューヨークでも例に漏れず …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい