ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

Balling Dunk Training

片足ジャンプ《パワー型かスピード型かで接地時間が違う》

投稿日:2019年12月13日 更新日:

こんにちはーともきちです。

今回のテーマは片足ジャンプです。

もっというと片足ジャンプの足さばきです。

ま、自分は両足やから関係ないわーいう人も

僕みたいに途中で片足に変わることもあるかもしれないしm

これを知ることで、レイアップの時の滞空時間を長くする等の使い道がありますので、バスケにも活かして頂けたらと思います!

おさらい

ジャンプには、跳ぶ時の足の使い方によって

  • 片足ジャンプ
  • 両足ジャンプ

の二種類に分けることができ、

さらに、跳ぶ時のエネルギーが瞬発性に頼っているのか筋力に頼っているのかによって

  • スピード型(Speed-oriented)
  • パワー型(Power-oriented)

に分けることができます。

スピード型ジャンパーには片足ジャンプの人が多いという傾向はありますが、これらの分類はそれぞれ独立しています。

つまり逆から言えば片足ジャンプをする人の中にスピード型もパワー型の二つが存在するということです。図にしてみました。

この場合、スピード型かパワー型かは白か黒かという風には分かれていないのでなんとなくグラデーションっぽくしています。

ジャンプのテクニックコーチであるタイラー・レイ氏の理論に基づいて、

片足ジャンプがスピード型かパワー型かによって足の動かし方が変わる様子を解説します。

後ろの足がどうなっているか

これは以前のブログでさらっと述べたので覚えてらっしゃるかもしれません。

(詳しくは新事実《ジャンプ》跳び方にも二種類ある!を参照)

より詳しい説明を補足すると、

スピード型はスピードつまり横の動きを高さという、ベクトルの違う方向に生かさなければなりませんので、

必然的に足のうごきは

イチ、ニで踏み込んだ時の二歩目が

クルン

となります。つまり地面についている時間を出来るだけ少なくしたいわけです。コンタクト・タイム、接地時間、というのかな。それを出来るだけ少なくしたほうが瞬発性を限りなく発揮することができる。

パワー型はそれと逆のことが起こります。

二歩目のコンタクト・タイムをそこまではやくすることはない、かえって「引きずっている(ドラッグ)」ような動きを動画で確認することができます。

(ライター注:実際にタイラー・レイ氏の動画で確認しました。その動画を見つけ次第ここに引用します

見つけました)

自分の持っているstrengthを生かすには、コンタクト・タイムが短くある必要はないのです。

一歩目と二歩目の距離

では具体的に踏み込んだあとに、どうなるか。

例えば右、左としましょう。

右、左と踏み込んだあとに、右膝をガッと上げて

そのあとで

ここでスピード型の方が、

最後についてる左足の位置が体に近いのだそうです。

パワー型のほうが左足の位置が遠い傾向があるそうです。

たしかに僕やってみましたが、遠いほうが力込めやすかったです。まあ、結果としてそうなっているのでしょうね。

具体例

そのタイラー・レイ氏の動画で紹介されていたのは、

ザック・ラビーン

彼は片足✖︎パワー型です。

片足✖︎スピード型の場合の例はなかったですが、僕が思うに確実にAND1の

スプリングス

がそうでしょうね、

おそらくアイバーソンもでしょうね。マイケル・ジョーダンはどっちでしょう。動画でみてみましたが非常にテイクオフが速くコンタクト・タイムが短かったので、スピード型な印象です。

(この動画面白かったです)

まとめ

あなたが片足ジャンプで跳ぶ場合、およびレイアップの際は、

自分がどっちで跳んでいるか

むしろどっちのやり方のほうが跳びやすいか

それが、自分の跳び方の、スピード/パワーの割合の程度を知る指標になるでしょう。

よくジャンプのテクニックが……という一般化された情報も溢れていますが、

テクニックですら、タイプで違ってくるのです。

皆さまがご自分にあった最善の跳び方を見つける手助けになれば幸いです!

-Balling, Dunk Training

執筆者:


  1. 安田顕 より:

    私は多分パワータイプなんだろなと思って動画で確認したところ案の定パワータイプでした。ということは私がすべきなのはまず筋肉量を増やしてパワーを伸ばすことでしょうか?
    現在18歳でウエイトトレーニングは一切してません。初歩的なプライオメトリクスはしていて最高到達点は315cmです。
    垂直跳びだと307〜308cmくらいまで落ちます

    • tomokichi より:

      コメントありがとうございます!
      質問への回答ですが、パワー型であれスピード型であれ両方のハイブリッド型であれ基礎のパワーをウェイトでつけることは良いと思います。特にウェイト経験がなくプライオだけで頭打ちになっている場合はなおさらです。
      ちなみにパワー型はスクワット。スピード型はデッドリフトがよりオススメという研究もありますが、一通りやってみて効果を見てみるのも良いと思います。
      専門家ではありませんが少しで助けになれば幸いです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バスケでチームメイトに合わない人がいる時の対処法《4つ》

もしチームメイトに苦手な人がいたら……? 僕ニューヨークでバスケしてるんですけど、ピックアップ(ストバス)したりインディビジュアル(個人)でリーグに参加したりするときに何気にこれ、思います。 バスケは …

《バスケ》ツーモーションシュートの練習のコツ【3ステップ】

こんにちはともきちです。 今回はいわゆるスラッシャー(スピードを使ったドライブを得意とする人)向けです。 特に、ドライブする人かつワンモーションシューターで最近頭打ちだと思っている方向けです。 今回は …

まだ意味ないストレッチしてるの?《害!やるべきでない3つの理由》

※ストレッチに関する最新情報はこちらから↓ 【ダンクトレーニング】ストレッチ結局無効果論(5つの理由を論破) 【ストレッチ】AIS (Active Isolated Stretching)   こんに …

“体育館が狭すぎる”—スピード型ジャンプ(片足)分類!!《前編》

「結論から言うと、①は歩幅変えずにただただ走るピュアスピードタイプ②は二歩めを大きくして跳ぶタイプ③は助走時に一歩め大きく二歩め小さくして跳ぶタイプ、やね」

【挑戦せよ】日本は失敗を恐れる教育?/小さな「怪我」から学ぶ姿勢

妻(ライター)「あけましておめでとうございます。こんなんですが今年もよろしくお願いします」 夫(ともきち)「いやいや。2020年最初の記事やけど、ライフ系でいく? それともライフ系続くからやめる?」 …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい