ともきちブログ

ニューヨークでのバスケ生活&英語学習などなど

「 Dunk Training 」 一覧

つま先接地ORかかと接地?—スピード型ジャンプ(片足)分類!《後編》

2020/10/04   -Balling, Dunk Training

夫「そしてつま先接地が向いているのはTHP曰く、ふくらはぎが大きい選手」妻「へーえ。エリートなアキレス腱を持っていないとされるのにね」

“体育館が狭すぎる”—スピード型ジャンプ(片足)分類!!《前編》

2020/09/27   -Balling, Dunk Training

「結論から言うと、①は歩幅変えずにただただ走るピュアスピードタイプ②は二歩めを大きくして跳ぶタイプ③は助走時に一歩め大きく二歩め小さくして跳ぶタイプ、やね」

謎を解明!デングシングの跳び方(スピード型なのに「足引きずってる」理由)

2020/09/23   -Dunk Training

妻「ごめんごめん。こっちのほうが面白く書けそうだと思って。最近言ってたスピード型ジャンプの矛盾について話してや。とにかく中国のデングシングというダンカーの跳び方が、様々なトレーナーが提唱している『理論』と矛盾するということで、物議を醸しているのよネ」

ジャンプ力向上あるある《悲喜こもごもの歴史からレベル別の対策を図る!》

2020/08/29   -Dunk Training

一般的なジャンププログラムは筋トレとプライオとストレッチ基本それの三つなんすよ。基本それの組み合わせを変えているだけなんですよ。だから新しいことをやっているようで、本質的には同じことを何度も何度もやっているわけで。そりゃ伸びないよね。伸びしろのないことを何度も何度も繰り返していたんですよ僕は」

【ダンク】助走のスピードを追い求めよ《どんなジャンプを選択するか》

2020/06/30   -Dunk Training

夫(ともきち)「繰り返すようやけど複雑やで、ダンクは。人間の身体のことやし。そんな単純やったらみんな『ジャンプアタック』買ってみんなダンクしてるよ」妻(ライター)「自分がダンクするにあたって、どの跳び方を選択したらいいのかってわかるかな」

【ジャンプ力アップ】自重トレーニング《コロナでジム使えねえ!!》

嗚呼!YMCA! こんにちは、コロナウイルスの影響真っ只中なニューヨーク在住、ウィンドミルダンクを目指す31歳のともきちです。 皆さまもご存知の新型コロナウイルスですが、ここニューヨークでも例に漏れず …

ジャンプ力上がらない人へ【文武両道のススメ】

2020/03/09   -Dunk Training, Life

《人物紹介》 夫(ともきち)…ウィンドミルダンクを目指す31歳。文武両道で学生時代やってきたタイプ。バスケットボールではほぼノンキャリアだがアメリカでプロ選手に個人的に認められて一緒に練習することも多 …

【筋トレ】短期間で詰め込むと危険《Westside Conjugate System》

2019/12/30   -Dunk Training

その効果は幻か? こんにちは、ともきちです。 今回は 短期スパンで詰め詰めにしているプログラムを (効果が出たからといって) 長期的にしちゃ危険だよ という話を僕の経験も交えて話したいと思います。 僕 …

【トレーニング】「チート」せず筋トレの効果を最大化せよ

2019/12/29   -Dunk Training

こんにちはーともきちです。 今回こそは前回やるはずだった、 トレーニングにおける「チート」と呼ばれる間違ったフォーム について書いていきたいと思います。間違ったというのは語弊があったかな? なんにせよ …

《ジャンプ力》パフォーマンス向上の目安【調子の悪い時こそ不動心】

2019/12/27   -Dunk Training, Life

現状 夫「今月健康やったん三日だけ」妻「今も現在進行形やしな」夫「風邪やっと治った思たら息子にうつされて(ピンポン感染)またひいた。げほげほ」妻「あたしもひいた」夫「一回だけやろ」妻「うん」夫「俺二回 …

こんな人達が書いています

のブログはこんな人達が書いています

 

 

人物紹介

夫(ともきち)…ブログの管理者(原作者)。中学校でバスケ部、ダンクするために高校では他運動部に籍を置きつつストリートでダンク&バスケをする。ほぼノンキャリアで22歳でアメリカに来て武者修行、D1の選手やマイナープロ、ラッカープレーヤーとやってきて認められるまでになる。今はウィンドミルダンクを決めるため、ジャンプ力110cmを目指す。

性別:男

身長:174cm(靴なし)(5’9”)ウィングスパン184cmくらい

必殺技:ドライブを得意とする。スラッシャー。

最高ジャンプ力:1mくらい